場所はどこにするか?

サロン開業するときに、必ず考えるべきなのは、

サロンの場所

です。

自宅でサロンを開業するという人は選べないので、
その場所でいかに集客、経営をしていくかを考えます。

自宅ではなく、個人的に物件を賃貸する必要があります。

場所は、様々な要素を鑑みて決めていきましょう。

1、地理的な場所

2、サロンコンセプト

3、経費

大体考えられるのは、この3つかなと思います。

1、地理的な場所

文字通りどこにサロンを開くか?ということです。

おそらくこのサイトを見ている方は、
マンションの一室を借りて、
サロンを始めようと考えている人がほとんどかなと。

基本的にはアクセスのいいところがいいです。

単純に人が集まりますので。

リラクゼーションサロンでしたら、駅の近くがいいと思いますし。
車社会だったら、幹線道路から近いところがいいと思います。

「アクセスがいい」というのは、それだけで強みになりますからね。

ここは意識して、できるだけアクセスのいい場所を選択するのがベストです。

2、サロンコンセプト

どこでもサロンコンセプトって出てくるのですが(笑)、
コンセプトにあった場所を選択するということです。

「静かな落ち着くサロンです」ってコンセプトなのに、
すごく騒音がしてうるさいとかお話しになりません^^;

コンセプトに合っているか?

それを確認してから、決められるといいですね。

ちなみに私はコンセプトについては、
開業前にはっきりと決めるのではなく、
最初はなんとなくでいいかなと思っています。

コンセプトはお客様と対峙していくにつれて
変わっていくものだと思っているからです。

3、経費

これが一番大きな問題かなと。

なぜなら、毎月家賃として経費が発生するからです。
そして、経費の中で一番大きな金額を占めるのが、
家賃です。

ですので、できるだけ抑えたいのが本音のところです。

が、しかしあまりにも家賃を抑えすぎて、
変なところを借りても仕方がありません。

ですので、「バランス」を考えて、
物件は借りるようにしましょう。

ちなみに私が一番最初に借りた物件は、
月36,000円でした。ワンルーム。
東京じゃあり得ないと思いますね(笑)

<物件の探し方>

物件の探し方ですが、借りたいと思っている場所の不動産屋さんに
手当たり次第話に行く、というのが王道かなと。

紙に自分の要望を書いて持っていくのもいいと思いますね。

不動産屋さんは「サロン」のことはよくわからないので、
しっかりと説明することが必要です。

不動産屋と大家さんが心配するのは、

・他住人に迷惑がかからないか?(多人数が出入りするとか)
・反社会的なことをやらないか

くらいです。

きちんと話を通しておかないと、
あとあとめんどくさくなりますからね。

無許可でやって、引っ越しを余儀なくされたサロンを
実際に知ってます(苦笑)

引っ越し代と、敷金・礼金とか馬鹿にならないですからね^^;

昔に比べて、大手の不動産屋でもサロンの許可が出ていたりするので、
粘り強く交渉してみてくださいね~